BISデザイン研究所|東京都中野区の一級建築士事務所

general設計用語集 一般編

ア行
アース 電気製品などの漏電による感電事故を防ぐ目的でつける装置(配線)。
アイエイチクッキング 【IHクッキング】電気式コンロ。表面がフラットなので掃除が非常に楽。火を使わないので安全性も高い。
アイソメず 【アイソメ図】室内や建物外観などを、焦点を持たない平行線で立体的に描いた図面。
アイランドキッチン ワークトップを壁から離して島状に独立させたキッチン形状。
アイレベルしゅうのう 【アイレベル収納】キッチンなどにおいて、目(アイ)の高さにある機器や収納スペース。カウンタートップから吊戸棚までの部分。
あがりかまち 【上がり框】玄関や勝手口の上がり口の段差部に通した化粧材。
あしば 【足場】工事を用に組み立てる仮設の作業床、通路。鉄パイプを組み合わせたものや、専用の部材がある。
あしもととう 【足元灯】安全を確保するため、通路(階段・廊下)の足元を明るく照らす照明器具。
アプローチ 外部の進入路(道路)から建物内部への出入り口(玄関)までの通路。
あみいりガラス 【網入りガラス】ガラスの内部に金属の網が埋め込まれたガラス。防犯・防火性が高め。
アメニティ 生活環境の快適さの事。単に部屋や建物のスペースや機能だけでなく、社会的な条件もふまえて生活環境全般の快適さを示す。
アルコーブ 洋風建築物の外壁の壁を入り込ませて凹状にした部分や部屋のこと。
イニシャルコスト 初期費用。建設工事費や設計料など。<関連語=ランニングコスト>
いぬばしり 【犬走】建物の外周地面をコンクリートで固めた約40cm程度の幅の部分のこと。
いりもや 【入母屋】切妻屋根と寄棟屋根を組み合わせた屋根形状。
インテリア 室内の内装、家具、カーテンなど室内の意匠、デザインの総称。<関連=エクステリア>
ウォークインクローゼット 人がそのまま歩いて入っていける収納納戸。
ウォールキャビネット 壁面に取り付ける吊戸棚。
エクステリア 外構。門扉・塀・フェンスなど屋外の設備、カーポートや庭園など住宅の外構全体を指す。
えどま 【江戸間】(=田舎間)関東地方の都市部で用いられてきたもので、構造柱の中心で1間(1.82m)としています。<関連語=京間(柱芯=1.95m)、団地間>
オイルステイン 油性の染料をボイル油、乾性油に溶かしたもの。木部の着色剤として使われる以外に、ワニスやクリヤラッカーの下塗りとしても使用される。
おおかべ 【大壁】柱を仕上げ壁の中に隠して見えなくする工法の事です。<関連語=真壁>
おどりば 【踊り場】階段の途中に設けられた平坦な部分。
おりど 【折り戸】折りたたみできる扉。狭い範囲で大きく開放出来るので、浴室やクローゼットの開口部で多用。
カ行
がいこうこうじ 【外構工事】建物本体以外の外部廻りの工事。舗装工事、排水工事、造園植栽工事など。
カウンタートップ 流し台の左右にある調理台や作業台。ステンレス製や人造大理石、メラミンポストなど。
かたいたガラス 【型板ガラス】表面に凹凸のついたガラスの事。光は通すが視線はさえぎります。
かたながれやね 【片流れ屋根】片方向にのみ雨が流れるような屋根形状。
がっぺいじょうかそう 【合併浄化槽】トイレの屎尿と、台所洗面浴室などの生活排水を一緒に処理する浄化槽。現在では、河川などの水質保全のため、合併浄化槽の設置が義務づけられている地域が多い。
カラースキーム 全体の色の配合を考慮すること。
ガラストップコンロ コンロの面板が強化ガラスで出来ているコンロ。掃除等のメンテナンスが楽。内炎式バーナーの場合が多く、燃焼効率が高い。
かんせつしょうめい 【間接照明】照明の光を天井や壁に反射させて利用する照明方法の事。演出効果を狙った使用法が出来ます。
きかいかんき 【機械換気】ファンで強制的に行う換気方法。<関連=自然換気、同義語=強制換気>
きたがわしゃせん 【北側斜線】北側隣地への日照を考慮し、建物の形状を規制した法律です。真北に対して一定の勾配を設定しています。
ぎゃくてんけつろ 【逆転結露】夏に起こる結露現象。。主に冷房時に起き、通常、結露は室内で発生した水蒸気により冬期間(暖房時)に発生するが、夏の大気に含まれる水蒸気または木材に含まれた水分によって引き起こされる結露のこと。
きゅうおんざい 【吸音材】壁や天井で音を吸引して反響を防ぐ材料のこと。高音用、低音用などの種類がある。
きょうせいかんき 【強制換気】換気扇など送風機を使用して行う機械換気の事です。
きょしつ 【居室】居住、執務、作業その他これらに類する目的の為に継続的に使用する室。
きりづま 【切妻】棟から両側に勾配屋根があり、反対側は壁になっている屋根形式。
クッションフロアー 弾力性のある塩化ビニール系のシート床材。水気に強く、中性洗剤などで簡単に手入れができ、低単価であることが特徴。
グラスウール ガラスを繊維状にした、短繊維などの断熱・吸音材。
グルニエ 屋根裏の収納スペースの事です。
クレセント 引き違いのサッシなどについている半円型の締付け金具(カギ)。
クローゼット 収納庫
けあげ 【蹴上】階段の一段の高さの事です。
けいそうど 【珪藻土】植物性プランクトン(藻)の堆積土でセメントと同程度の粒子の中に木炭の数千倍ものミクポアをもち、断熱・調湿・結露防止消臭などの機能を発揮する不燃材。健康素材として注目されている。
けこみ 【蹴込】階段の立上りが踏板先端から引っ込んでいる部分のこと。蹴込の無い階段はちょっと危険です。
けつろ 【結露】空気がある一定の温度(露点温度)以下になり、余った空気が凝結して水滴となった状態の事。結露には簡単に目で見る事の出来る『表面結露』と構造体内部に発生する『内部結露』があります。
けんちくかくにん 【建築確認】建物を建てる場合、工事に着手する前に、「建築確認申請」を行い建築主事の確認を受けなければならない。建築主事は、申請された内容について、建築基準法等に基づいて設計内容をチェックし、不適当なところがあれば、その時点で訂正を命じる。したがって、建築主事の確認を受けた設計図書は、現行の建築法規に合格した適正な建物の設計図といえる。
けんちくめんせき 【建築面積】建築物の外壁または柱中心線で囲まれた部分の水平投影面積の事です。1m以上飛び出した庇等は1m差し引いた部分を含めます。
けんぺいりつ 【建ぺい率】敷地面積に対する建築面積の割合。
こうきかくじゅうたく 【高規格住宅】寸法・耐久性等について優れた水準を有する住宅として住宅金融公庫が認めた住宅を指し、良質な住宅建設への誘導を目的としています。
コーキング 外壁のつなぎ目やサッシ周り、水周り設備と壁の取合い部分の隙間を埋めるための接着性、柔軟性のある材料の。またはその工事。<同義語=シーリング>
こうじうけおいけいやくやっかん 【工事請負契約約款】住宅を建てる際の契約者には、(1)建物の概要や工事場所、(2)請負金額と支払い方法、(3)工期・引渡しの時期などを記入する。契約書には、工事請負契約約款を添付する必要があり、これには、上記以外の契約条件を示し、次の事項が記入されている。

(1)総則(図面等に明示されていない場合の措置等)、(2)権利義務の譲渡禁止等、(3)図面等に適合しない場合の措置、(4)工事の変更、中止、工期の延長等、(5)損害の防止と負担、(6)危険負担、損害保険、(7)現場検査、(8)引渡し、請負断金の支払い、(9)瑕疵担保(不具合があった場合の保証)、(10)履行遅滞違約金、(11)契約の解除、(12)紛争の処理、(13)その他
こうばいてんじょう 【勾配天井】室内の天井を水平ではなく傾斜させた天井の事です。
ごうはん 【合板】薄く切った単板を繊維方向がタテ・ヨコ互い違いに直角になるように重ね、接着材で貼り合わせて一枚の板にしたもの。
こやうらしゅうのう 【小屋裏収納】屋根裏部分を利用した収納スペース。天井高さ1.4m以下、2階の床面積の1/2以下などの条件がある。
サ行
さいこう 【採光】外部より光を取り入れること。
さいこうせいげん 【採光制限】建築基準法における居室に求める採光上有効な開口面積(=採光面積)の制限規定。
さいこうたかさ 【最高高さ】地盤面から建物本体の一番高いところまでの高さ
サイディング 外壁に使用するボード類で合板系、石綿セメント板系、金属板系などがあります。
サニタリー 洗面、トイレなど水まわりの衛生陶器、設備などの総称。
さんろスイッチ 【三路スイッチ】1つの電気器具を二ヶ所のスイッチでオン、オフ出来るスイッチの事。
しぜんかんき 【自然換気】自然の持つエネルギーによる換気。室内と屋外の温度差による温度差換気と風圧力による風圧換気がある。
じちんさい 【地鎮祭】工事着工にあたり敷地の守護神をまつって祓い清め、敷地の安定と工事の安全を祈願する祭事。
しっくい 【漆喰】調湿効果のある自然の仕上げ材として注目されている。主に壁仕上げに用いられる。石灰または貝灰、砂、すさ、布のり、またはつのまたの液を混和したもので、施工中は可塑性が大きく、乾燥すると炭酸石灰になり、かたい皮膜を作る。すさは麻または紙ずさを用いる。
シックハウスしょうこうぐん シックハウス症候群】新築やリフォームした住居に入居した人が、目がチカチカする、喉が痛い、めまいや吐き気、頭痛がするなどの症状をおこすことを言います。
じなわばり 【地縄張り】工事に入る前、敷地内における建物の位置を決めるため、建物の輪郭や位置をテープや縄をはって示すこと。
しゃおんざい 【遮音材】音が外部に伝わるのを、また外部から伝わるのを遮る材料のこと。重く、堅く、厚く、目がつまっている材料がよい。
ジャロジー ルーバー窓の商品名
しゅうせいざい 【集成材】厚さ20~50mm程度の木材を接着剤で張り合わせた木材。生材よりも強度・寸法安定性が高い。
しようしょ 【仕様書】図面だけでは表示しにくい工事内容を、数値や文章を使い解りやすく表示したもの。
じょうとうしき 【上棟式】建前(たてまえ)ともいわれる。本来は棟梁の祭り事。最近は家の骨組みが出来たときに、その工事を手がける人の慰労と親睦を兼ねたものとして、建主の主催で行なわれる。
シーリングライト 天井に直に取り付ける照明。部屋全体を照らす照明としてよく使われている。
しんかべ 【真壁】構造柱を外に出す壁仕上げ。
シンメトリー 左右対称。
スキップフロア 1・2階間を半階ずらせたフロア。
すべりだしまど 【滑り出し窓】軸を中心にして窓を外部へ押し出す事の出切る窓。横滑出しと縦滑出し窓がある。高さや幅の取れない場所に適している。
せつどうながさ 【接道距離】敷地において道路と接している部分の長さ。原則として4m以上の道路に2m以上接ししている敷地でないと建築出来ない。
ぞうさく 【造作】木工事において、骨組が完成したあとに施される内外の木工事全般の事です。
タ行
ダイニングキッチン 台所と食事室という二つの用途を兼ねることのできる部屋。
ダウンライト 天井埋込みの照明
たてまえ 【建前】木造住宅の骨組を現場で組み立てる作業の事です。
つぼ 【坪】伝統的な面積の単位。1坪≒3.31㎡。
ドアクローザー ドアが急にしまるのを防ぐための装置。ドアを閉めるスピードが調節できるので、お年寄りやお子様にも安心。
どうろしゃせん 【道路斜線】道路の幅に対する建物の高さ制限。
トップライト 天井に設ける窓。通常の窓よりも3倍の明るさ(建築基準法上)を得る。
とぶくろ 【戸袋】雨戸を収納するスペース。
ドライエリア 地下室を設けるときに、外部の自然の光を取込むために設けるスペース。
ナ行
なまごみシューター キッチンの壁に生ゴミを捨てるための開閉式の小さな穴を設けて、そのまま野外のゴミ容器へ投入できる設備。
なまごみしょりき 【生ごみ処理機】生ごみを有機肥料に変えたり、容積を小さくする装置。バイオ式や乾燥式など多彩なラインナップがある。<家事関連の話し>
なんど 【納戸】大型の収納スペース。
ニッチ 壁の厚みを利用する奥行きの薄い飾り棚。
ねっせんきゅうしゅうガラス 【熱線吸収ガラス】赤外線を吸収する金属添加着色ガラス。太陽光線による室温上昇防止。
ねっせんはんしゃガラス 【熱線反射ガラス】紫外線を反射する金属添加着色ガラス。太陽光線による室温上昇防止。
のべゆかめんせき 【延床面積】各階の床面積の合計面積。
ハ行
ハイサイドライト 天井に近い位置に設置する高窓。天井付近の窓は室内を明るくする効果が大きい。反面、掃除等のメンテナンスを考慮する必要がある。
はけびきしあげ 【刷毛引仕上】左官仕上の一種。左官材の硬化前に刷毛で表面に荒らし目をつける方法。
パブリックスペース 家族がくつろいだり、人を招いたりする場所。公共的な空間。
バリアフリー 高齢者や障害のある人が社会参加をする上で、障害(バリア)となるものとが除去され、事由に社会参加できるようなシステムづくりの概念。住宅でのバリアフリーとは、高齢者や身障者などの住生活における障害を取り払うこと。
パントリー 収納庫。キッチン近辺に設置する場合が多い。
ふくそうガラス 【複層ガラス】=ペアガラス
ブラケットしょうめい 【ブラケット照明】壁にとりつける照明。
プラスターボード 石膏を厚さ約1cmの板状に固めたもので、表面に紙が貼ってあり、そのまま壁や天井の下地材として用いる。耐火性がある。<同義語=石膏ボード、略語=PB>
フラッシュとびら 【フラッシュ扉】木組の心材の両面に板状の材を張った扉。単板材で作られたドアに比べて、反りや狂いなどの変形がなく軽量にできる。
ペアガラス 2枚のガラスの間に乾燥空気を封入した断熱性能の高い複層ガラス。動かない空気の断熱性を利用しているので、建具を二重にするより断熱性能が高い。厚さは12mmが一般的。<同義語=複層ガラス>
へいめんず 【平面図】部屋の配置を平面的に表した図面。
ペンダントライト 吊り下げ型の照明器具。
ボウウィンド 外部に張り出した底面が弓形に湾曲した形状の窓
ぼうぎしょり 【防蟻処理】木材部に薬剤の注入・塗布を施し、シロアリ被害を抑える処理。
ほうぎょう 【方形】前後左右どの面から見ても屋根の形が三角に見える屋根形状。
ポーチ 玄関先の出入口外部を屋根でおおった所。
ホームエレベータ 住宅用のエレベーター。
ホームセキュリティー 室内にいながら来客の姿を確認できるテレビモニター、不法侵入者の報知、火災やガス漏れなどの非常警報機能をもつ防犯・防災システム。
ホルムアルデヒド 無色の刺激臭のあるガスで、その水溶液がホルマリン。住宅関連では合板等の接着剤に使用。
マ行
みがきしあげ 【磨き仕上】塗装、塗り壁、石などの材料の表面を研磨し、平滑面を造って光沢を出す仕上方法。
みきり 【見切り】仕上の終わる部分や仕上の取合い部分、またはその納まりのこと。
メゾネット マンションなど集合住宅でで階上・階下を一住戸として使用するタイプのもの。
メタルラス 外壁や軒裏のセメントモルタル塗りの下地に用いるスチール製の金網。
もくもうセメントばん 【木毛セメント板】木材を薄く削った木毛とポルトランドセメントに、水と硬化剤を加え、加圧成形した改良木材のボード。
モジュール 基準となる単位寸法。日本では尺モジュールが一般的であったが、最近ではメーターモジュールが増えてきている。
モルタル 一般にセメント、水、砂を混ぜて練り合わせたセメントモルタルのこと。ほかに石灰、水、砂から作る石灰モルタルなどがある。
ヤラワ行
ゆかしたかんきこう 【床下換気口】床下湿気の排湿のため基礎立ちあがり部に設けられる換気口。最近では床下換気口を設けずに、基礎パッキンにするケースも多い。
ゆかだんぼう 【床暖房】床に組込んだふく射式暖房システム。温水式や電気式などがある。
ゆかめんせき 【床面積】建築物の各階またはその一部にあって、柱、壁などの中心線で囲まれた水平投影面積。のべ面積は各階の床面積の合計。
ユニットバス 床・壁・天井・浴槽などを工場生産し、現場で組み立てる浴室。
ユーティリティー アイロンがけなど家事作業の為のスペース・部屋。
ようせきりつ 【容積率】延べ面積の敷地面積に対する割合で、用途地域により上限が定められている。
ようとちいき 【用途地域】地域のあるべき姿を想定して、建物の種類や規模などを制限した都市計画法によって指定された地域のこと。住居系、商業系、工業系の用途地域が定められている。
よくしつかんきかんそうき 【浴室換気乾燥機】浴室(ユニットバス)の天井に埋め込んで、湿気の多い浴室の換気をはかるとともに、ヒーターを併用して浴室内を衣類乾燥室として使えるように考えられた商品。
よせむね 【寄棟】棟を中心に四方に流れをもつ屋根形状。
ラスモルタル 左官工事で、メタルラスやワイヤーラス下地にモルタルで下塗り、または仕上をすること。
ランニングコスト 維持管理費用。冷暖房費用やメンテナンス費用。<関連=イニシャルコスト>
ランバーコアごうはん 【ランバーコア合板】1.5~3cm角の角材を接着して板状にした物を心材とし、その両面に単板を張り付けた合板。
りしんフキツケ 【リシン吹付け】外壁の仕上で、顔料を混ぜた骨材をスプレーガンを使用して薄く吹付ける工法。セメントと砂粒を混ぜたセメントリシンや、アクリル樹脂のアクリルリシンなどがある。
ルーバーまど 【ルーバー窓】細長いガラスの羽根を並べた窓。ハンドルを回すなどの操作でそのガラス板が回転して開閉を行う。浴室や洗面所、トイレなどの小窓に使用。
ルーフドレン 陸屋根・バルコニーなどに設ける雨水用の排水金具。
ワイドスイッチ 照明スイッチの大きさを通常のものより大きくした、加齢配慮のスイッチ。
上へ